2018年06月17日

オーデマピゲとartbasel2018:2

IMG_6796
IMG_6799
IMG_6800
IMG_6801
IMG_6815
IMG_6820
IMG_6821
IMG_6827
先ずはunlimited.
でも、
日本では芸術祭がもはや一般化しているので、あまり驚かなくなっている。
むしろフェアでの平面に変な身近さすら感じる。

IMG_6832
IMG_6835
IMG_6836
IMG_6837
IMG_6838
美味しく腹ごしらえもして。

IMG_6874
IMG_6875
IMG_6873
IMG_6876
IMG_6877
IMG_6879
IMG_6880
IMG_6882
IMG_6884
IMG_6891
IMG_6892
IMG_6894
IMG_6898
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_6900
IMG_6901
IMG_6905
IMG_6907
IMG_6924
IMG_6921
IMG_6917
IMG_6916
Tony Matteli とオーストリアの若い作家Bernd Opplを)^o^(

IMG_6944
IMG_6855
IMG_6850
IMG_6857
IMG_6861
The Dolder Royalもすばらしく。
Laysさんオーデマピゲさん、本当にお世話になりました!
最高でありました!



Smiles: at 12:48|Permalinkclip!

2018年06月15日

オーデマピゲとartbasel2018:1

IMG_6723
IMG_6724
IMG_6727
IMG_6731
IMG_6734
IMG_6736
IMG_6743
オーデマピゲさんにご招待頂きスイスへ。
いきなり素晴らしいホテル。

IMG_6750
IMG_6759
IMG_6757
IMG_6778
そしてジュ渓谷の本社、スタジオへ。
写真はNGでしたが、驚きの連続。
先ず職人さんの環境を第一に考えてとても大切にされている。そして職人さんが楽しそう。
すべての工程を手作業で行うことにこだわって、髪の毛より細い部材や、私の目では見えないようなネジ山をらきって、気の遠くなるような作業。
数百万円の時計が数年待ちで、価格も価値も充分に納得させられます。
とにかく美しいくスゴイ。

IMG_6790
こちら時計の神さま。
手作業にあらたな技術をもたらしている御方。

レイスさん有難うございました!


Smiles: at 12:48|Permalinkclip!

2018年06月10日

河口湖:吉田和史湖畔ステージ

IMG_6675
IMG_6672
河口湖ZINGへ、美由紀さんや水口貴文夫婦、近藤親子、マルさんなどと)^o^(

IMG_6669
オーストラリア赤身の腿2キロ。
塩を振って、シュラスコのように削ぎながら。
アヒという、新玉ねぎミジン切りと大量のレモン汁、ホワイトビネガーのドレッシングを乗せて食べると、焦げとジューシーとサッパリとで旨い!!
いくらでも喰える)^o^(

IMG_6676
今日の主役吉田和史は熊谷勇哉と音合わせ

IMG_6683
いざ、湖畔へ

IMG_6689
こんな素晴らしいところがあった!
最近整備された様子。
ZINGでて左いって、100mくらいのところ^ ^

実に素晴らしかった。
マジックアワーや湖畔の状況ふくめ、あらゆる音楽体験のなかで、トップクラスもの。
感動した。。
また是非に。

IMG_6704
IMG_6709
私はなんと朝4時河口湖発のバスに乗って成田空港へ。

IMG_6718
成田空港のラウンドジでシャワーを浴びて、これからバーゼルへ向かいます^ ^

素晴らしい週末であったわけ。





Smiles: at 09:29|Permalinkclip!

2018年04月02日

Soup Stock Tokyo 2018入社式

IMG_4944

IMG_4947

IMG_4953

2018 Soup Stock Tokyo入社式


14名の新卒の皆さん、おめでとうございます。

先ほどは、皆さんが考えた文字通り型破り(障子を突き破って現れる)のスタイルに感動しました。1950年代に、村上三郎という現代美術の作家が障子を破るパフォーマンスを行って、今では伝説ですが、そのエネルギーを感じました。


さて、本日は2つのことを記憶に留めてほしいと思います。

ひとつは、

「今日の1日と、来年の1日」

今の自分と未来の自分、今のあなたと未来のあなた、と言ってもいいかもしれません。


私は昨日、親戚で墓参りに行きましたが、2歳から6歳の姪っ子が4人いて、大きい順に柄杓でお墓に水をかけて、そのたびに私の兄が「うまいねー!」と囃す。

そして、最後の2歳の子はお母さんはこうしてああしてとハラハラしながら、そして水がなんとかちょっとかかって、兄が「じょうずだねー!」と。

まあ、親はあれこれ言って、ジジババは褒めそやすというどこにでもあるシーンなわけですが、でもそのシーンを見て、この2歳の子はすくすくと育つに違いない、なんて思った。

まあ、褒めて育てるという環境。

私は、Soup Stock TokyoSmilesはこんな世界がいいなあと改めて思いました。

新卒の皆は、慣れなくても頑張っている自分を褒めてあげてほしい。

直属の上司は、どうしてもお母さんのようにあれやこれや言いたくなるが、むしろ爺さんのように見守る。褒められると、むしろ本人としてはちゃんとやらねば、と思う。

今日の1日の目の前の目線と、来年の1日の長い目線を、両方をちゃんと使い分けてほしい。

残念ながら、優秀で共感しあっているはずの社員が辞めていくとき、本人と周りとが、この今日と来年の1日をどこかで混ぜてしまって、互いに誤解を生んでいくケースがあるような気がします。


色々な不満も出てくると思います。

仕事がつまらないとか、飽きたりだってあるかもしれない。

そんな時、それに蓋をしないで、話してみるといい。自分が実感する不満を解決できればそれは価値です。皆の来年の1日のために、今日の1日頭を悩ませ、トライしてみる、改善していく。

それが外食という業界にとっての新しい考え方や実行になるかもしれない。

われわれの働き方‘開拓’につながるかもしれない。

自分も、上司も、そして私も、今日の1日と来年の1日を分けて話し合えればと思います。


IMG_4984

2つめは、

「今日の日を忘れないこと」

皆が考えて、一人ひとりの言葉を書いた障子を突き破って出てきた。

これ、日常業務的にはかなり異常ですww

でもその異常こそが、今ここで体験している人たちの体温を実際にあげている。

こういうことは、日常に入って、現実のなかで仕事を進めていくと、きっとどこかに置いて忘れていってしまいます。今日の異常性はなくなっていく。


例えば、木工の家具やブランドは、出来たその時がピークで、だんだんと薄汚れ劣化して、減価していくことがあります。

逆に時が経てばたつほど味が出て、ピカピカになっていく家具やブランドもあります。

では人はどうか。

人は、歳をとれば成長していく、とは残念ながら限りません。

想いや発想や、やる気や勇気や、鮮度やユニークさは、むしろどんどん劣化して、ゼロ化していくことがある。

皆さんだって例外ではない。

今日、自分の思いを大きな声で叫んで障子を破って出てきた。

その瞬間がピークで、そこから劣化していく。

なんてことではなくて、勿論ここから価値を積んでいく、よりユニークに発言できる自分を作り上げていく、是非ともそうあってほしいと思います。


 IMG_4975

あらためて、おめでとうございます。

自ら成長し、不満や疑問すら価値の種にし、会社とともに自らの機会をつくっていく、一人ひとりの新たな人生が今スタートするかと思うとワクワクします。

おめでとう。






Smiles: at 18:22|Permalinkclip!

2018年03月31日

台北 2018


IMG_4870
IMG_4880
IMG_4875
ART BASEL HONGKONGから台北へ。
今回は、小林百絵さんと王さんが始めたdaylilyのお店を拝見に。
王さんの実家の漢方屋さんの一角に、この素敵な扉が。

IMG_4878
開けるとこんなお店!

IMG_4885
女性向けの漢方DAYLILY。
小さくてカワイイお店(o^^o)

IMG_4877
おっと、クラウドファンディングで、私の名前も上の方に。
プレオープンしてまだ1ヶ月していないが、予想よりもよい滑りだし^ ^

IMG_4881
こちらはご両親側^ ^

IMG_4882
なんと生薬の、左がスープ!
右は鶏の煮込み。
お土産にかったよ)^o^(

IMG_4883
お母さん若い!
さすが漢方マダム。

IMG_4862
IMG_4864
IMG_4867
IMG_4909
昼は四知堂。
最高ですね。

IMG_4826
前日。
台湾と言えばと思い立ち、顔出しNGの男、寺田倉庫の中野社長にお会いしました!
最初も6年前に台湾で。
色々面白いお話しを聞けた。
The Chain Museumの話しも色々と)^o^(
ありがとうございました!

IMG_4856
夜、貓下去敦北俱樂部&俱樂部男孩沙龍で知り合ったお2人。
台湾大学卒外資の才女。楽しかったです!

IMG_4812
IMG_4810
IMG_4815
IMG_4828
IMG_4888
IMG_4889
屋上の違法建築気になる。
それなりに様式が定まっている。

IMG_4895
潤餅捲

IMG_4902
アスパラジューーース!

IMG_4903
ワルクナイ。

FullSizeRender
やはり豆花は美味い。
甘くないのがいい。

短い台北だったが充実した!
皆さんありがとう)^o^(



Smiles: at 17:13|Permalinkclip!

2018年03月30日

Art  Basel Hongkong 2018


IMG_4692
2020のM+
絶賛工事中、とにかく巨大。

IMG_4757
今年は、何と私がインタビュアーとして)^o^(

IMG_4709

オーデマピゲジャパン代表レイスさん。
詳細は発表をもってかえさせて頂きます。
しかし、良い経験でした!

IMG_4711
IMG_4715
IMG_4721
IMG_4723
IMG_4726
IMG_4730
IMG_4734
IMG_4745
IMG_4737
IMG_4766
IMG_4768
IMG_4772
3年前にここで買ったPAVILIONにあるコーエンヤング。
より小さいのが倍の値段になっていた)^o^(

IMG_4778
IMG_4776
IMG_4777
IMG_4781
IMG_4784
IMG_4783
今回のスマイルズコレクションは、名門Hauser&WirthにてStefanbruggemannという若手の作家で一桁安く、これからに期待)^o^(

IMG_4787
47canalにてXavier Cha
Whitney Museum で個展もやった若手。
The Chain Museumに良いのではと、いかにもコンテンポラリーアート然としていながら、メールや絵文字など多用している現代において、それら本来の表情を言葉なしにリアルに伝えようとしている。
映像を駆使していきたい。

しかし、今回食事が劇的に美味かったなあ

Imperial Treasure Fine Chinese Cuisine 御寶
1 Peking Rd, Tsim Sha Tsui Peking Rd, Tsim Sha Tsui, 香港
+852 2613 9800
https://goo.gl/maps/2G7UoKuq2qS2
ここでは、同行の現地のコレクターが常連でメッチャうるさくて、2回料理を出しかえさせた。最初はどうかと思ったが、愛情あふれ、最後拍手となった(o^^o)

Lei Garden Restaurant - Wan Chai
326-338 Hennessy Rd, Wan Chai, 香港
+852 2892 0333
https://goo.gl/maps/ErN4wvVWpUx
こちらは店員さんに美味いものをこだわってもらった。鱶鰭の上に鳩だっけな、、美味い。

毎年、香港はあまり期待してなかったが、流石。



Smiles: at 22:14|Permalinkclip!

2018年03月05日

Paris 2018 (2)

IMG_3990
さて、今回の目的の一つ、japanorama
終了前日に滑り込み

IMG_3974
IMG_3976
IMG_3981
IMG_3979
IMG_3972
IMG_3980
IMG_3967
IMG_3970
IMG_3969
IMG_3992
IMG_3991
IMG_3993
IMG_3997
IMG_3995
IMG_3996
IMG_3989
IMG_3988
IMG_3986
IMG_3985
IMG_3983
IMG_3982
素晴らしい
が、、ねむくて朦朧と、、

アカデミックに理解したいひとはこちらを

IMG_4009
帰り、この行列!!



Smiles: at 15:54|Permalinkclip!

Paris 2018 (1)

IMG_3913
とあるキッカケでParisへ!
マイレージで、羽田からプレミアムエコノミー、ラッキー^ ^

IMG_3936 
ヨーロッパ初の星つき寿司屋仁で、寿司の後、閉店後賄い呑み!
飛行機でらばったり会った西田さんも巻き込んで小田雄太くんも)^o^(
ニナさんと渡邉卓也さんのあまりに突然の出会いの話など人生面白い。
勇気をもって流れにのるべし!
寿司屋での禁断の肉、、忘れません>_<

IMG_3940
IMG_3943
IMG_3944
Central Pompidou Metz
坂さんの圧倒的な建築。
このアングルに立った時、なぜか一瞬ウルッときた。凄みが降ってきた。

IMG_3945
IMG_3946
IMG_3947
ダン・フレヴィンとイヴクライン!
同時にこうやって、、

IMG_3950
IMG_3951
IMG_3952
IMG_3953
IMG_3954
こんなジャッドが。
どんだけ蛍光時代か)^o^(

IMG_3955
IMG_3956
IMG_3961
IMG_4001
JAPANORAMAとは別枠単体でか、dumb typeが大々的に。
難しく考えずに世界に沈殿するのがいいと思う。

IMG_4008
IMG_4009
IMG_3998
IMG_3999
IMG_3960
IMG_3957
坂さんの紙管が、ヒーターまで回り込んで。
四角くならざるを得ない美術館を求肥(ぎゅうひ)のように包んで、苺大福のような建築。



Smiles: at 15:05|Permalinkclip!

2018年01月03日

あけましておめでとうございます 2018

 


(反転逆さ空。二条城の堀にて)


あけましておめでとうございます。 

 

「ビジネスが、アートに学ぶこと」

一つは、マーケティングがないこと。 

作家は、何の絵を描くか、お客さまにアンケートをとりません。 何の絵を描くのかが重要で、面白いところ。そこは他人に任せられない。 

本田宗一郎も、私たちにもやりたいことがあります。 

 

一つは、失敗という概念が薄いこと。

枚の絵を描いて、いいねと買って下さる絵もあれば、 一向に売れない絵もある。でも、その絵のことを失敗作とは呼びません。だから、売れなくても心に傷はない。

他人から言われた絵をそのまま描いて、おまけに売れもしない。そんなことがあると、きっと心は蝕まれ、誰かのせいにしたくなる。その良くない循環に足を踏み入れることを失敗と呼ぶのでしょう。

 

「素直、という働き方」 

スープもネクタイもホテルも海苔弁も、我々なりの必然性とやりたい気持ちから生まれました。業務外業務というサービスや交換留職という人事制度もそう。やりたいと思う気持ちから生まれました。スマイルズが人物だとすれば、アートが好きで、島の青空は気持ちよく、恋愛だってするし、気になる場所があったら行ってみたい。 興味あることに興味ある。だから大きな矢印がちゃんと前をむいている。

一方、周りを眺めると、なんだかガンジガラメ。相対化すると、我々が変わっているように見えるけど、我々はいたって素直で健全です。

 

今年も、一人ひとりが自分ごとで、一人ひとりが前にむいた矢印をもって歩みます。 

今年も、これからもよろしくお願いいたします。

 

 

遠山正道と スマイルズの一人ひとり   

(2018年年賀状より)



Smiles: at 11:23|Permalinkclip!

2017年09月08日

シーンすらない



「刷毛じょうゆ海苔弁山登り」がGINZA6にオープンして数ヶ月経った。
おかげさまで大変好調である。
10:30にオープンし、昼前後に売切れ昼から15:00まで閉店し、その間に再度店内調理し、再度並んで頂いて売り切れる。
お一人さま2個の制限がようやく3個に引き上げられた。


出来た経緯を少し記すと、8年前「結局何が好き?」の話し合いから、海苔弁、揚げちくわなどが。
で、一年間お弁当のワークショップを行い、それが文藝春秋から本になり、JALの機内食でご提供してご好評頂く。
G6の話を頂いたとき、銀座のど真ん中ラグジュアリーな顔ぶれをお聞きして、ならば真逆の海苔弁やろうと。

さて、オープン一週間前の経営会議で、私が問う。
「これ、どういう方が買って頂くの?銀座のOLが昼前に3つくらい買って打合せブースで食べるか、杉並区辺りの品のいい老夫婦が買って帰って夕食にするとか、それぐらいしか思いつかない」
要するに、作ることの情熱とこだわりは多量だが、利用されているシーンが思いつかない。
しかし、結果は前述の通り。

今のところの見立ては、
・自分たちの良いと思ったことを思い切りこだわる。
・内容をそれに絞り込む。
・小さく始める。小さければリスクが少なく思い切りこだわれる。
・目もくれず思い切りスタート。
・シーンすらない。
・あとは届くか否か、祈るのみ。

スマイルズのマーケティングぎらいが、益々加速しそうである。


Smiles: at 11:27|Permalinkclip!