2014年11月12日

LONDON 5 (「自分の仕事は、恋のよう」)

P1010992

(右)サフィア・ミニーさんにお時間を頂き、すしディナーへ。

サステナブルな洋服ブランドPeople tree代表であり、長年日本に暮らした素敵な大人。
以前、PASS THE BATONで大変お世話になりました。

(左)回転すしMoshi MoshiLONDONに初めて20年前に持ち込んだこの店のオーナーさん。先輩!
二人とも日本語ペラペラです。

サフィアさんは、日本の引きこもり問題やサステナブルな考え方などを深く話し、そして私にこれからのビジョンを聞いてきた。

一言ではうまく言い合わらせないスマイルズのファミリーの話や、小さいビジネスこそその人そのものである話などをした。

P1010994
P1010998
その後は、近くのビールとサイダーのパブに飛び込み、我々ロンドン最後の夜を1人ひとりが総括した。
サフィアさんと話していて、皆の話を聞いていて、こんなことを思った。

「自分の仕事は、恋のよう」だと。
ちょっと照れくさいし、もっといい表現があると思うのだが、飛行機の中でまとめてみた。

P1020017
「自分の仕事は、恋のよう」

1.恋も仕事も、自分がするもの
 恋も仕事も他人はやってくれない。
 
自分の恋は、自分にしかできない。
 自分の仕事は、自分にしかできない。

2.相手がなければ、恋は説明できない
 
夢は何?やりたいことはなに?と聞かれても心配することはない。
 まだ相手に出会えていないのなら、うまく説明は出来ない。

3.恋するために、日々研鑽
 
今は恋に出会えていなくても、恋に出会うために、日々種々研鑽。
 恋をするなら、魅力的にならなければ出会えない、相手にされない。

4.恋に、関心をもつ
 
どんな人が好きなのか、どこに行けば出会えるのか。
 自らが、自らに関心をもつ。

5.恋に、妥協しない
 失敗しても納得できるような、高い理想の恋をする。

6.恋に出会ったら、小躍りしよう
 そんな小躍りなんて、一生に何度もないのだから。

7.恋に出会ったら、何としてでもものにする
 手段や、合理的な理屈を言っている場合ではない。
 上司の顔色や制度のせいにするのはやめよう。
 理想的な恋に出会ったら、何としてでもものにする。
 
だって恋なのだから。

8.恋は、誰が誰にするのか
 
組織で恋をするのは聞いたことがない。
 誰が誰に恋をするのか。

9.出会いがしらも恋
 不意に、訳もなく、出会いがしらで恋に落ちることもある。
 全うな説明なんかできやしない。
 だって好きなのだ、としかいいようがない。

10.オリジナル・ラブ
 二人の他人が恋をする。
 それはオリジナルでしかない。
 誰々風の恋、なんて想像してはいけない。

11.結婚は、まわりを巻込むこと
 恋から結婚にいくなら、二人だけではできない。
 両親や親戚、仕事場、色々な人を巻込むことになり、これには責任が伴う。
 もはや二人ではない。まわりを説得し、味方につけなければいけない。

12.すべての人が、恋をする
 自分の人生、恋をするのに、遠慮なんていらない。
 誰だって恋をする。

13.恋は、人を幸せにする
 二人は勿論、恋は周りの人も幸せにする。

 恋にあふれた、幸せにあふれた、
 
スマイルズは、そんな村のようになりたい。

P1010776
玉井は、恋に気付いている。
だから、人を巻込み、こんなよく分からない展開になっている汗
成就するのを願うし、それをサポートするのが会社なのだろう。

P1020013
優秀社員の三人。
いいよな〜、これから恋が、待っている。



Smiles: at 17:05|Permalinkclip!

LONDON 4(foods)

P1010800P1010798
日曜日朝は朝飯前にフラワーマーケット。

P1010822
朝はやはりALBIONへ

P1010812
P1010811
P1010820
P1010816
朝からお腹一杯。

P1010825
WHITE CHAPELにてアート作品だが、こんな席もいいなあ。

__ 2
普段は金色使わないけれど、白地に金もいいなあ。

P1010827
P1010828
昼はSt.JOHN入れず

P1010829
一転しマーケットへ

P1010830
P1010831
スリランカ

P1010835
デカいカリフラワーと対決する斎藤

P1010842
P1010841
屋根を抜いてカフェ
いいね。

P1010871
P1010870
こちらもセンス良し。

P1010838

P1010862
夜はstory。注意深くみないと分からない。

P1010858
P1010852
P1010856
P1010857
中はスッキリとステキ。
元VOGUEのスタイリスト? ネイティブインディアンのような素敵なご夫婦が。
ピザ生地はオイルを練りこんでいないと思われるぱりぱりのアッサリ。とても上品で美味い。
この後のインド料理屋は、玉井と私が疲れ体調不良で離脱。。

P1010824
前日こんなに並んでいたThe Breakfast Clubに早くから行って。

P1010863
P1010865
P1010866
P1010868
まあ、ボリュームはスゴイ。。

P1010969
P1010968
お昼はこやの隣りのkoya barでうどん。

P1010966
P1010965
肉味噌のひやあつ美味し!

P1010967
オーナーの1人の小田周子さん。
4年前からはじめて、ロンドンで我々のような若者で日本食といえばこやしか思いつきません。素晴しい。うらやましい。。。

P1010983
sketchへお茶しに。
これはスゴイ、、、何がすごいって、、、汗

P1010982
P1010975
P1010976
P1010981
P1010978
P1010979
多くは語れない。
実際に行ってみるべし。



Smiles: at 16:37|Permalinkclip!

2014年11月11日

LOMDON 3(British Museum)

P1010917
P1010876
P1010880
P1010898
P1010887
P1010907
P1010908
P1010906
P1010926
P1010920
P1010937
P1010932
P1010939
P1010940
P1010942
P1010948
P1010952
P1010962


Smiles: at 16:01|Permalinkclip!

2014年11月10日

LONDON 2(Miso Soup!)

P1010637
ブロードウェイの近くに民泊して。

P1010661
何やら、真面目になにかを作っています。

P1010655
P1010657
できた。

P1010649
おっと、野崎と斎藤がユニフォーム?
実は、今回の優秀社員研修旅行を、単なる観光旅行で終わらせないように、なんと、Miso Soup(みそ汁)を配って、その反応を知るテストマーケティングをしよう!と若い人が勝手に企画して。

P1010646
いざ、ブロードウェイのマーケットに突入!
事前に申請したのだが反応なく、しょうがないので、ゲリラ的に!!

P1010664
ところが、、、
マーケットのマネージャーに話をしたが、
ぜーんぜん、NONO!muri muri!!

P1010666
食べては頂いて、美味しいけど、Dame Dame!

P1010672
P1010673
ちょっと、甘かったか。。

P1010686
せめて、道行く人に提供して。

P1010693
作戦変更!
マーケット内だからややこしい。
道端作戦!

P1010699
東に向かって。

P1010695
P1010697
元気出して♪

P1010702
さて、Vyner St.というマニアックな通り。
ここは、自動車修理屋さんが一件あるだけで、一見何もない、人っこ1人いない。
が、実は、ここはコンテンポラリーアートのギャラリー街なのだ。

P1010704
小ーさい、表札らしきがちらりと出ていて、ブザーを鳴らすと内側から開けてくれて。
こんなギャラリーが。
そんな渋い場所。

P1010724
そんな場所だが、どこからともなく人が集まってきて。。

P1010713
今回は、テストなので無料で配っていて。

P1010710
アンケートもとって。

P1010712
ギャラリー街だけあって、お客さまの層が良い!

P1010716
そして、皆ミソスープしっているし、
そして、とても評判が良い!!

P1010719
ミソスープと言っても、蓮根、こんにゃく、鶏肉などなどに生姜を加えて、昆布出汁で、最後に花かつおをドバっとのせて。。まあ具沢山なケンチン汁ですね!

P1010727
P1010733
P1010731
ヘルシーフードとして、皆さんミソ大好き。

P1010736
よし、これはイケる!
第二の目的地、ショーディッチへ!

P1010756
TOKYO BIKEの方々にお世話になって、そのお店の前で。

P1010755
いきなり大評判です!

P1010771
皆さん、ミソスープはほとんどご存知で。
ヘルシーだから大好きだと。

P1010776
玉井が、Soup Stock Tokyo成田店で味噌汁を出したいと、何度も会社に提案しては却下されて。
涙ナミダで。。
それが、この形で今日のこの日に繋がりました!

P1010753
松尾もおおはりきり♪
お姉さん、カップポジションベストです。

P1010759
大興奮!!
お箸も上手!

P1010768
この辺りで店を是非!
この辺りがベスト!

P1010766
ボニート フレーク?

P1010780
寒さも忘れてボニートフレーク!

P1010779
That's so cool!

P1010769
この深井さんがTOKYO BIKE繋いでくださって。
有難うございます!

P1010781
余裕もでてきて。

P1010747
子供にも人気♪

P1010773
大成功なのでありました!!

P1010765
SHOREDITCHでMiso Soup&おにぎり屋さん&海苔弁?、やりたい!
TOKYO BIKEさんも有難うございました!

P1010795
打上げはトラムシットへ。

P1010786
P1010789
P1010793
良かったよかった!

P1010794
隣りの外人さんたちとも、二次会へ。
いやー、記念すべき素晴らしい一日となりました!!





Smiles: at 07:29|Permalinkclip!

2014年11月08日

LONDON 1

P1010622
LONDONに来ました!
MILANOからの松尾と野崎と。
そして現地で合流したのは、右からSoup Stock Tokyoシンガポール313店斎藤、コレド日本橋店庄司、成田空港店玉井の3名。
この3名は今年の優秀社員!
前回のポートランドの3名に続いての優秀社員研修旅行なのです♪
それにしても、何やらすごい荷物。。
この倍はあります。。

P1010623
東のブロードウェイ辺りに分割して宿す。
先ずは腹ごしらえ。

P1010624
昼はお肉屋さん。

P1010625
さすがにブロードウェイ。
店もお客さまもステキであります。

__ 2
そして、焦げ茶系の(と私は称している)シンプルな肉!と野菜!

P1010629
赤身!
最高です。

P1010634
ここは野崎、斉藤チームの家。(写真は斉藤、庄司)
エアB&Bで素晴らしいお宅を探りあてました。
さて、明日から、何やら彼らは仕込みをしているようであります!


Smiles: at 17:08|Permalinkclip!

MILANO 3

P1010590
P1010583
P1010589
MILANO最終日。
朝は、元お花屋さんで今はカフェが併設されたカフェ、、、でカフェを。

P1010617
落書きは少ない印象です。

P1010593
このデカいテントいいなあ。
このテントと滲み出しで何かお店をしたくなるww

P1010615
この2日間、とにかくピザを食べまくったので、最後のランチは、テマキーニョなるブラジルの手巻き寿司の店へ。
昼前に滑り込んだが、昼も夜も一杯の繁盛店だと。

P1010601
P1010614
カワイイ世界。

__ 1
ここはどこ。

P1010600
ブラジルでは、テマキする?みたいにとてもポピュラーなのだと。

P1010603
スゴイ!

P1010604
P1010605
P1010606
予想以上に堪能できました♪

P1010612
いよいよMILANOともお別れ。
太田さん、(真ん中はスマ社野崎)、石黒さん本当にお世話になりました!
これからが、実に楽しみなのです。。
グラッチェ!!





Smiles: at 16:41|Permalinkclip!

2014年11月07日

MILANO 2

P1010522
今日は、ミラノから車で2時間のベローナへ。そしてさらに田舎へ。

__ (20)
こちら、発酵ピザの旅。

P1010503
P1010500
P1010506
な、なんだこれ!

P1010507
P1010508
P1010509
P1010510
P1010512
P1010518
びっくりした。

P1010536
P1010524
P1010526
ベローナの2000年前のオペラ。

P1010551
そして、今回の旅の目的地、saporeへ!(ベローナの店ではない本店)

P1010556
オーナーのレナート・ボスコ氏と奥さま。
南のナポリピザではない、北の新たな発酵ピザという概念を生み出し、今や学会やメディアに引っ張りだこ。
ミラノから2時間のここ以外はケバブ屋さんしかないド田舎(失礼)で、予約で夜中まで年末までフルフル。
そして、実は太田哲雄氏はここのメンバーなのだ!
太田氏はエルブジやペルーで学び、ミラノでプライベートシェフなどなど経験した若きホープ!
今はシェフでありながら、レナートと新たに発酵ピザを研究・開発している。
そして、今から太田氏の新たなピザを食す。。
石黒氏はイタリアの由緒あるファミリーに嫁いだ(じゃなくて、婿った?)、話し出したら何でも知っている数字に強い信頼感抜群の博識インテリゲンチャ。いいコンビです♪
今回はこのお二人の導きでここまで来たのであった!

P1010557
P1010559
予約待ちのお客さまがひっきりなしに。

P1010560
P1010566
さて、いきなり、こ、これは何だ!
もちもちなのだ!

P1010567
P1010569
P1010570
生地に拘りにこだわって、数種の生地からなるピザのフルコースとでもいうような展開。

P1010572
素晴しすぎる!
えー、あまり多くは語りません。。
是非、前々から予約して、ミラノから車で2時間のこちらへ、何はともあれ御体験を。

太田さん、石黒さん、本当に素晴らしい体験となりました。(お腹も素晴らしいことになってますがww)
感謝かんしゃ、ありがとう!

Smiles: at 12:02|Permalinkclip!

2014年11月06日

MILANO1

P1010379
MILANOへ。(20141104)

P1010395
今回は、この(右)シェフ太田哲雄さんと石黒宏さんに会いにきました!

P1010384
早速食べましたよ。Dryというミラノで一番流行っているナポリとは違う新しい発酵系ピザの店。

P1010388
P1010389
P1010390
P1010386
これ

P1010387
軽い。
現地では前菜など頼まず、このピザを延々と食べるらしい。
ナポリとは全然違ってこれも美味しい。。

P1010397
一泊目は、時差で眠い。

__ 2
翌日はDoという予約取れない店。
スターシェフのダビデ・オルダーニさん。
ミラノ中心から車で30分は行った何もないところにポツリと。
しかし、独創的で、でも奇をてらわずに、玉葱のキャラメリゼ、鯖のマリネなど美味い。
もとパティシェで緻密です。
しかし超アルデンテのパスタはビックリした。
針金級で日本でただ出てきたら間違いなくクレームものだと思います。ビックリしたなーもう。
今回は松尾と野崎と共に。

P1010398
P1010401
雨のドゥーモ。

P1010429
YVES KLEINとLUCIO FONTANAが。
ラッキー!

__ 4
__ 3
いきなりクラインブルー。

__ 5
P1010435
やはり立体が好き。
周りの空気を吸い取って奥行きの立体感を消滅させるようであり、また3Dホログラムのようでもある。
そのデジタル的感覚は60年代の人には何か未来からきた立体の様だったのでは。
フォンタナは渋いものが多く、もっとパキッとしたものが見たかった。

P1010441
街をブラブラ。
100万円/Kg

P1010443
P1010449
P1010453
P1010463
P1010456
P1010468
P1010466
P1010447
スープではなくジェラートです。

P1010493
そして夜。
車でまたどこか何もないところまで行くと、このそっけない扉。

P1010472
中に入ると、キッチン棟。

P1010475
そして何やら。

__ (20)
おー!
中に入るとこの全長26m(私の目算)の一本テーブルが!
圧巻なり。。
まさに劇的とはこのこと。右の窓からの光のような照明もまさに舞台美術のようである。

P1010480
CARLO E CAMILLA。
劇的な空間だけではない、スターシェフの店。
メニューは素材が載っているだけで、しかも組み合わせが不思議すぎる。
あとはお楽しみ。
年内はもう予約一杯の様子。

P1010477
見せ皿はアンティークで一枚一枚違うもの。
PASS THE BATONでレストランをやったら、と妄想してきたものを、今見ているよう。

P1010484
私は、この長ーーテーブルの突端に。

P1010485
えーと。
説明できません。

P1010491
何度でも写真を撮りたくなってしまうのであった。
そしてまだ慣れぬ時差で、この空間の中にぼんやりと、、
おやすみなさい。。


Smiles: at 16:51|Permalinkclip!

2014年10月31日

スマイルズ2015年新卒内定式

IMG_9918
スマイルズの2015年新卒の内定式がありました。
2500名の応募から残った20名。

IMG_9924
毎年、内定者が色々考えてきますが、今年は何やら風船を手に。

IMG_9926
IMG_9932
手前から風船の長さが斜めに揃っている。。

IMG_9979
社長の有難いお話のあとは内定証書授与。

IMG_9936
IMG_9939
IMG_9943
IMG_9945
IMG_9951
今年は例年にも増して個性的でチャーミングな。

IMG_9993
そして、一人ひとりが風船をカップに入れながら決意表明を。

IMG_9998
IMG_0002
IMG_0011
自らの想いが強くて、私ももらい泣き。。

IMG_0018
IMG_0015
IMG_0019
しかし、毎年新人は個性的と思ったが、今年は最強です。
一人ひとりが、本当に自分の言葉で、自分の人生ややるべきことなどを語っていく。
立派なものです。
一人ひとりが本当に頼もしい。感心します。

IMG_0024
IMG_0028
記念撮影のあと、私が風船を持たされると、、、

IMG_0029
夢がしぼまないように、
夢をハジケさせる!
と頭上で爆音!
ちょっと涙腺な感動が。
色々考えますね♪

IMG_0043
楽しみです♪

IMG_9831
内定式の前日は、好例の連合三田会。

IMG_9833
IMG_9834
気合入れて。

IMG_9837
IMG_9844
IMG_9851
IMG_9853
IMG_9862
IMG_9867
IMG_9870
先輩もかけつけて。

IMG_9885
先輩も手伝って。

IMG_9899
IMG_9901
IMG_9905
IMG_9907
IMG_9914
昨年に及ばずだったから、△かな?
よく頑張りました!
おつかれさま♪

(全ての写真は人事部によって)

Smiles: at 21:22|Permalinkclip!

2014年10月10日

オマール海老のビスクを作ってみる


Gigazineさんが、Soup Stock Tokyoのオマール海老のビスクを実際に作ってみてくれました。
とても細かく紹介して頂いているので、折角なのでご紹介いたします。
私たち社員はオマールファクトリーという研修で朝から6時間かけて作ります。
サイト内ではそれでも3時間かけて手間暇かけて。
コチラより!!



Smiles: at 17:52|Permalinkclip!