2016年05月24日

Firenze 彬彦結婚式! 2016

2016-05-24-01-23-04
フィレンツェへ

2016-05-24-01-23-05
宿はこの真ん中の扉。
ホテルだと思っていたのでよく辿り着けたが、入ればステキなB&B。

2016-05-24-01-23-06
飛び込んだトラットリアだったが、正解!
Trattoria da Benvenuto
https://www.quandoo.it/en/place/trattoria-da-benvenuto-5611?TC=EN_IT_SES_10001518&qpt=minimal&gclid=CJ2Zxe_S8MwCFdgaGwodJfUEpg

2016-05-24-01-23-06
2016-05-24-01-23-06
Stracciatella
(Broth with eggs and parmesan soup)
玉子スープはどの国も落ち着く。うれしいね。
ブロスというのがいい。

2016-05-24-01-23-08
2016-05-24-01-23-07
Grilled smoked cheese with truffles
Chickpeas with oil
ひよこ豆もオリーブオイルが決め手。しっかりとした美味しい料理になる。
シンプルはよいことだ。

2016-05-24-01-23-07
内装も絵もすてき。
おいしゅうございました♪

2016-05-24-01-23-08
image
2016-05-24-01-23-07
夜。
Pappa al Pomodoro
汁なし坦々麺級に汁なしでこの量、トスカーナ伝統の料理とはいえ、食いすぎの私には重いww

2016-05-24-01-23-06
Petto di Pollo al Limone
ちょっとここのところレモン研究中でして。。

2016-05-24-02-10-03
そしてそして、
私のこの旅の目的は、私の甥っ子の彬彦の結婚式!いんフィレンツェ!
学生時代からSoup Stock Tokyoでバイトし、そのまま社員登用試験を受けて社員へ、もうかれこれ10年選手!
そして、店のパートナーさんと長年のお付き合いを経て結婚♪
ちなみに、同じ店舗の時には付き合ってません!というのが彼のこだわりです。

2016-05-24-02-10-00
中村祐子さん。
看護師さん。ステキであります。

2016-05-24-02-10-05
私より年下とは思えぬ貫禄のお父さま。

2016-05-24-02-10-04
教会大きすぎてフレームアウト。。

2016-05-24-02-10-02
右端が私の兄なり。

2016-05-24-02-10-04
よいカップル。

2016-05-24-02-10-04
そして、新郎の高校時代の仲間が駆けつけて。
イタリア人のカメラマンの要求も結構なものでしてww
この雲といい、ルネサンスな、最後の晩餐的な。。

2016-05-24-02-10-02
2016-05-24-02-10-01
もっと、くっついて!
とか、さすがアモーレなイタリア指導。

2016-05-24-02-10-01
ちょっといい写真が撮れた♪

2016-05-24-02-32-22
2016-05-24-02-28-26
2016-05-24-02-32-23
彼らが泊まっているステキなホテルでステキな食事会。

2016-05-24-02-10-02
2016-05-24-02-10-02
2016-05-24-02-32-21
まぶしすぎて、まぶしいかんじで。

2016-05-24-02-32-21
2016-05-24-02-10-03
お部屋。

2016-05-24-02-10-02
そして最後は、
白雪姫と5人の小人てきなww
どこまでも明るい仲間たち(^O^)/
ありがたいね。
おめでとうございます!
お幸せに♪


Smiles: at 01:54|Permalinkclip!

2016年05月23日

NAPOLI 2016


LEON的ドクモ図^^; 
ちなみに、、、
・ポーズしていない。これはお腹を掻いているときのようだ
・誰が撮ったか問題を勘ぐられる前に娘との旅行である
・サングラスは、JINSのおかげで遠近両用でもレンズ6000円!位でできるのでここぞとばかり度付グラサン作ってかけてみるともう普通でこの時は寝るときも朝もグラサン状態だったという状況
・ホテルのバスタオルはでかい
で、ポジターノの朝から一路ナポリへ。

IMG_4374
この揚げピザのデカサよ!
うまい。これは日本にはないなあ。

IMG_4377
IMG_4378
ナポリといえばマルゲリータ!
一日で3回食べた!
先ずはピザ・プレジデント

IMG_4405
IMG_4406
ソルビッロ。

IMG_4407
IMG_4408
IMG_4409
IMG_4410
そして1時間並んだ本家?ソルビッロ。
正直、ソレントとかでは、イタリアンも日本のほうが旨い的な感覚もあったが、このピザ4連荘はどれもさすがで大満足なり♪
以下、須山のメールから

・ソルビッロ (ナポリの有名店で生地もおいしいです。ここはピザの種類も豊富なので選択肢があっていいかと思います。ほかの有名老舗もありますが2 種類しかなかったりするので。)

https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g187785-d1034513-Reviews-Sorbillo-Naples_Province_of_Naples_Campania.html

 


IMG_4313
IMG_4317
IMG_4383

IMG_4385
IMG_4375
IMG_4403
IMG_4404

そして、自撮りの新たな境地を開発した!
回りながら撮ると、後ろがブレて一眼レフっぽいww
ちゃんとピンがあったり、うまくぶれたり。




     
めがまわるよ。



Smiles: at 17:33|Permalinkclip!

AMALFI 2016

IMG_4277
IMG_4272
IMG_4329
IMG_4327
ホテルの陽気なスタッフにネクタイステキだから写真撮らせてと言ったら、瞬時にわざわざネクタイを外してくれて。

IMG_4279
ポジターノから船でアマルフィーへ足をのばして。

IMG_4280
IMG_4283
スマイルズのシェフでソレントの星付ホテルで修行していた須山に今回は美味しいところをしっかり聞いて。
アマルフィーでは、ここStella Marisへ
https://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g187780-d1111680-Reviews-Stella_Maris-Amalfi_Amalfi_Coast_Campania.html
写真は、レモンチェッロをスパークリングワインで割ってレモンソルベが入ったカクテル。美味♪

IMG_4289
そしてマルゲリータ美味しかった!
今回の中で一番。
浜辺に面していいところです♪

IMG_4293
IMG_4305
IMG_4297
IMG_4301
IMG_4309
IMG_4310
IMG_4304
IMG_4307
IMG_4306

ポジターノに戻って
IMG_4348
IMG_4345
IMG_4351
IMG_4340
IMG_4331

IMG_4274
IMG_4333
こちらも須山知り合いのシェフのいるブーカ ディ バーコ
http://www.bucadibacco.it/buca_di_bacco_en.html
ここから夕日がロマンティックで、、

IMG_4353
メニューのこの側の切り方が揚げピザみたいでカワイイなあ。

IMG_4356
FullSizeRender
IMG_4357
IMG_4360
レモンリゾットはまさにシッカリとレモン。
ついつい頼むほうれん草の付け合せは意外に良否分かれるがこれはグッド!
魚はredriceというものとともにイカタコ系のソースで旨し!
須山の知り合いのシェフかなww

IMG_4362
IMG_4366
ホテルのバルコニーから、月がきれい。





Smiles: at 04:31|Permalinkclip!

2016年05月21日

Positano 2016

IMG_4151
おはようございます。
ソレントの朝。

IMG_4136
やはりホテルの朝食は最高すぎます。
トーストにハム、チーズにフルーツどさりで、一口目のメロンですでにやられました。

IMG_4142
洋ナシがあったので、こんなのも。
料理人の気分。

IMG_4152
では街歩きを。

IMG_4153
金と赤

IMG_4161
IMG_4158
IMG_4159
須山がソレントで一番うまいピザと言った店。
ボリュームすごすぎます。

IMG_4162
いざポジターノへ

IMG_4169
IMG_4177
IMG_4179
IMG_4190
IMG_4198
IMG_4199
IMG_4200
延々と降りまくり大変だが、きれいなので苦にならない。

IMG_4206
教会前の広場で一休みしていたらラジカセ片手のメンズがイタリア語かスペイン語で私に愛の歌を歌いまくっている現場。

IMG_4204
IMG_4186
IMG_4211
ネット環境が十分でなく、うまくアップできずにとりあえずここまで。

Smiles: at 16:50|Permalinkclip!

2016年05月20日

SORRENTO 2016

IMG_3989
ネームタグを買って、名刺をいれたら、期せずして、こんなにピタリと。

IMG_3990
ナポリからバスで、ソレントに到着!

IMG_3992
真ん中は観光地ですごい賑わい。

IMG_3993
横になってしまったが、これは壁ではなく、道路です。。

IMG_3994

IMG_3997
アスパラガスのスープ

IMG_4001
こちらがホテル

IMG_4005
IMG_4008
ホテルのロビー

IMG_4013
IMG_4029
IMG_4030
IMG_4039
IMG_4019
レモンチェッロとソーダとトニックを頼んだが、ソーダ割がうまかった。
ロッツォシチリアのマネをしてみたわけです。

IMG_4024
レモンパスタ。右のはピール。
なかなか美味。
檸檬ホテルはこれを越えねば。
てか、越えます。

IMG_4112
IMG_4102
IMG_4025
IMG_4027
まあ、笑っちゃうくらいレモンのお土産尽くし。

IMG_4051
IMG_4053
IMG_4054
IMG_4057
IMG_4059
IMG_4061
IMG_4064
IMG_4070
IMG_4071
IMG_4081
さすがイタリア、教会が多いです。

IMG_4078
IMG_4080
IMG_4088
IMG_4099
IMG_4073
IMG_4086
IMG_4092
IMG_4095
IMG_4097

IMG_4104
IMG_4100
IMG_4106

IMG_4107
IMG_4110
IMG_4111
IMG_4115

IMG_4119
IMG_4123
おいしゅうございました。
おやすみなさい。



Smiles: at 08:27|Permalinkclip!

2016年05月19日

LONDON 2016

IMG_3877
甥っ子がフィレンツェで結婚式を行うというので、その前に先ずLONDONに。
TATEの企画展、PERFORMING FOR CAMERAでは村上三郎、ハイレッドセンター、細江、森村、澤田友子など日本人が沢山フューチャーされていた。日本人はパフォーマンス好きなのかな?
最初にイブ・クラインからスタートし、最後のほうに森村のイブ・クラインがあって最高^o^

IMG_3912
常設で、ベッヒャーさん沢山ありました。

IMG_3916
このウォーホル好き。
 
IMG_3881
6月には増館がオープン。倍以上になるのでは。
ヘルツォークさまです♪

IMG_3940
このWellcome collerctionというキングスクロスの近くの、初めて行ったが最高ですww

IMG_3957
Wellcome Collection is a museum based at 183 Euston Road, London, displaying an unusual mixture of medical artifacts and original artworks exploring 'ideas about the connections between medicine, life and art'.[1] Founded in 2007. wikiより
という、人体とアートのあんゆーじゅあるなめくるめく世界!
ここは空間、デザインも含め最高ですww

IMG_3953
触ってよい学ぶコーナー

IMG_3951
1階のカフェもいいがとても混んでいて、上のキッチンはこれも素敵でおススメ。

IMG_3954
ベジタリアンなサラダなり。

IMG_3975
V&A Museum of Childhoodこれも最高です!

IMG_3974
IMG_3962
もっとカワイイのだらけ。。
2〜3時間とってゆっくりしたい。きっと誰もが大好きです。
イヤなものがひとつもない、稀有な世界。
V&Aと場所違うので注意。東なので、むしろ周辺よい。City Hall Hotelも市庁舎を改装しステキ。

IMG_3902
St. JOHN BREAD&WINEでランチ。
Lentil,Wild Garlic&Yoghurtというのたのんだら、これでてきた。
一口食べて、フレッシュなオリーブオイルが襲って、これは上質にうまい!
その内ヨーグルトなるものが溶けてきて、混ぜるとタルタルソースでも食べている気分に。
ビールを頼んだことに全力で後悔し、慌てて白のグラスを。
センスってこういうこというんだなあ、と、美味しいものを頂戴させて頂きました。

IMG_3883
IMG_3886
IMG_3888
元MONOCLEの佐藤丈春さんと翌日ランチ。
今は独立してフリーのファッションエディターとして単身ロンドンで。
そのような立場の人、他にも多いのかと聞いたら、多分自分ひとりだと思うと。
自分で自分の職業、立ち位置を作っている。
MONOCLE時代の仕事や今のスチール、動画を拝見したが、やはりロンドンならではどれもある種のトラッドを持った上質な世界。今度はまた日本でお会いします。
北アフリカ料理のMoro。イチジクのスープ、ベジタリアンの何とか、デザートのマンゴも美味しく、良いお店でした!

IMG_3890
ロンドンにもマストブラザーズ

IMG_3939
娘が通っているCentral Santmartins。図書館は24h。素晴らしい環境。

IMG_3918
ひとりだと、柄にもなくこんなの食べてしまったり。。
旅とはそういうもの。

IMG_3920
Mazeの和食の総料理長岸剛平さんと、Mazeでディナー。
剛平さんはフランス生まれロンドン育ちで、和食を中心に20年以上。
このMaze高級な環境で緊張して入ったが、終始和やかで最後はキッチンの中もご案内いただいて、来たときと酔っ払って帰るときではもうすっかりリラックスww
バチッとスーツを着たスタッフからも剛平さんは皆に愛されていて、料理長自らオイシイおいしいと言って食べながら、幸せなひと時でした♪

IMG_3985
easy Jetでナポリへ。



Smiles: at 05:14|Permalinkclip!zing 

2016年03月30日

ART BASEL HONGKONG2016


IMG_2883
Art Basel HongKongへ来ました。
3年目かな。

IMG_2886
先ずは腹を。
右から福武英明、藤本、熊本各氏のメンバー。
そしていつも通り武田菜種さんにいろいろアレンジして頂きました。

IMG_2945
IMG_2946
いきなりPACEでChuck Close。
91cmの小品ですが、オイルのユニーク(一点もの)で、
な、なんと、、ニオクエン。。。

2年前にここPACEで購入したチャッククロースはエディションものですが、
100本のスプーン二子玉川でご覧いただけます♪

IMG_2897
元永。

IMG_2900
モノ派 菅木志雄

IMG_2919
井上有一
草間、白髪だけでなく日本勢も人気がでてきています。

IMG_2924
ライアンの冬シリーズもいいなあ。。

IMG_2922
IMG_2923

IMG_2925
IMG_2927
IMG_2928

IMG_2895
IMG_2893
温かいレモンのデザート。
甘すぎないのはよいが、不思議感。

IMG_2964
この方が、ギャラリーペロタンのペロタン氏。お若い。

IMG_2965
IMG_2966
かわいいなあと思って、念のため価格をお聞きして後悔を。
〇ゼンマン、、とか言ってたっけな。。

IMG_2971
IMG_2914
オーストラリアの27歳の若い作家さん。
写真家出身により、厚いカンバスに銀塩でヌッタリと。良い作品です。

IMG_2932
IMG_2933
IMG_2934
巨匠David Hockneyさま
不思議なパースで、写真なのか何なのか、かわいくユニーク。
写真でエディション25なら何とか手がとどくか。。

IMG_2974
来年?の宇宙飛行士高松聡さん
高松さんが着るとユニクロも宇宙服のようなww

IMG_2985
帰りの空港で、韮黄銀糸麺@翠園香港
シンプルでうまい。こういうの日本でも食べたい。

今回も充実のArt Baselでありました。

Smiles: at 16:03|Permalinkclip!

2016年01月04日

スマイルズ朝礼 2016年新年の挨拶

IMG_1833

2016年、明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

年末年始
Soup Stock Tokyoはじめ現場の皆さんは本当にお疲れさまでした。

ありがとうございます。

今朝、昨年皆さんから頂いたラブレターを見かえしていて、本当に嬉しくて有難く、朝から涙がでそうになりました。

あれは本当にいいですね。

昨年、Soup Stock Tokyoではクリスマスに皆がカードを書いたり、正月にはパートナーさんにお年玉とか、そういうことが起きているというのがよいことです。
実際に受け取ると嬉しいものです。

さて、よく今年の一言とかありますね。

一応考えてみました。それは、

「一人ひとりの存在意義」です。

まあ今年だけに限った話ではないのですが。


そして、今年は何と言っても2月の分社化。

Soup Stock Tokyoがよりコンパクトになり、その分一人ひとりにとって会社やブランドや仕事が身近な存在になるわけです。

色々なアイディアや行動も、一人ひとりがどんどん盛り込んでいって、これからがとても楽しみです。


一方のスマイルズですが、最近「
Soup Stock Tokyoが分社化してスマイルズはホールディングスになるんですか?」って聞かれることが多くて、その度にちょっと、ムラッと、感情がモリッとします。

Soup Stock Tokyoが分社して、スマイルズはただの株主になって、あがっちゃった感じになるんですね」と言われているような気がするわけです。

勿論、聞いてる人には何の悪気もなくて事実を聞いているだけなのですが。

半分あってて、半分あってない。

ホールディングカンパニーであるのは事実ですが、だからといって株を保有しているだけではなく、益々どんどんやっていくからです。


そのムラッという感情は、一般的には闘争心とでもいうのでしょうか。

スポーツの、例えばラグビーのような。

イギリスで生まれたラグビーは、選手は普段は紳士で、しかし試合となると闘争心の塊になる。

One for all, all for oneというやつですね。

チームでタッグを組んで、その上で、一人ひとりが闘争心をもって戦う。

これは、スマイルズだろうがSoup Stock Tokyoだろうが一緒です。

チームを組んで、しかし一人ひとりが戦っていく。


このあいだ、ある講演会のあとの懇親会で、皆さんいやー面白かった、とか大変刺激をうけた、とか言ってくれるのですが、一人三井物産の
OBの方が、遠山さんの話には全く違和感がない、まさに商社では当たり前ですよね!って笑っていました。

そう言われて、そういえばそうだなと思いました。

ようするに商社って、元々何も売るものを持っていなくて、一人ひとりが常にビジネスを考えて試行錯誤して、そして成果、実績をあげない事には評価されない。

支店なんかは、北海道やモロッコやヨルダンなど世界中にあって、もう何でも屋で、とにかく何かビジネスを作っていかないと存在を忘れられる。お客さまにも上司にも仕事を通して存在意義を発揮していかないといけない。

給料泥棒とかいわれる。

まさに「一人ひとりの存在意義」です。


そういう意味で言うと、例えば
Soup Stock Tokyoなどは、今目の前にやるフィールドがあって、でももっと出来るだろう改善点とか沢山あって、Soup Stock Tokyoのブランドを活かした新たな試みとかもきっと沢山あって「一人ひとりの存在意義」を打ち出しやすい環境にあると思います。


私自身は、昨年に続いて今年もスマイルズがアーティストとして、今年は瀬戸内国際芸術祭に打ってでます。

これはさすがに私も一緒にやらないと言い出しっぺになりにくいと思います。

いやあ企業がアートをやるってことの意味はなかなか説明がつかない。合理的な理由ならない。

広告ならもっと有効な手段はある、金はかかる、利益はない、社会貢献にはなっていない。

あえて言うなら新たな価値を求めることへのチャレンジとでもいうのでしょうか。

これはアート側からも企業側からも或は社内からも、なにやっちゃってる訳?とか言われるリスクがあります。ビジネスみたいにいくら儲けるというような正解もない。

これはとても楽しいけれど、なかなかにシンドイ。前例もない。

チームラボの猪子くんの、「言葉で説明できるものはウンコ」とか、

ホリエモンの、「いまだにアイディアに価値があるなんて思ってんの?行動でしょ」の言葉に勇気をもらっています笑


でも、5年後に、いや昨年そう言っていたから4年後に「いやーあのときスマイルズがアートにぶっこんで行ったあの時から変わったよね。あれがあっての今のスマイルズだよね」と言われているようになりたいと思います。


とにかく、スマイルズや
Soup Stock Tokyoという誇りをもって、スマイルズやSoup Stock Tokyoというフィールドやビジネスや舞台を利用して、「一人ひとりの存在意義」或は「一人ひとりの存在価値」をモリモリと発揮して、この一年から更にスタートを切って欲しいと思います。

今年もよろしくお願いいたします!




Smiles: at 11:45|Permalinkclip!

2015年12月29日

越後妻有芸術祭スマイルズ(3):映像


スマイルズの作品は、私たちが言うのもなんですが、後半口コミにより大人気となりました。
「眼」とスマイルズがツートップだ、と何度か言っていただきました。
1時間お待たせしてしまう状況になり、スタッフでいろいろ対応を検討したりして。
とにかく、作品を見て頂いたあと、皆さん必ず笑顔で笑いながら戻ってきてくれる。
冷えたように見える夫婦や、一人で緊張していた青年などなど。。
それがわれわれもとても嬉しくて。
しかし、一番有難かったのは、われわれスタッフです。
ファストフードではいつもお客さまとの会話はできません。
今回は、作品をご覧になったあと、スープを飲んで頂いているときにスタッフも一緒に話しを伺うと、何だかこちらが嬉しくなります。
ちょっとここでは書ききれないようなドラマや涙が沢山あって、本当によい機会となりました。
すっかり遅くなってしまいましたが、出来上がった映像をアップしておきます。
お世話になった皆さん、見て頂いた皆さん、大変お世話になったデンソーさん、本当に有難うございました!
今度は瀬戸内国際芸術祭にチャレンジしますよ!
お楽しみに。



Smiles: at 17:39|Permalinkclip!

2015年11月24日

Soup Stock Tokyoの分社化にあたって

お世話になっている皆さまへ

一週間くらい前に発表しましたが、
「Soup Stock Tokyoを分社化するってことは、
スマイルズがホールディングになるということですか?」
とよく言われます。

これは、あっているようであってない。
giraffeなどもゆくゆく分社化していけば、
分社した数だけ社長も増えるし、その何倍も役員が生まれる。
それはとても楽しいこと。

でも、ホールディングというと、
何だかスマイルズがもうあがっちゃった会社で、
総務部しかなくて、資産運用だけしているようなイメージがあるので、
それは全然違います。

Soup Stock Tokyoはもちろん、
スマイルズも益々もりもりとやりますよ!
クリエイティブ色をもっともっと出していって、
基本的に新しいことはスマイルズが生み出していきます。
スマイルズは、ますますヤバイやつになっていく、そんな感じww

どっちもそれぞれに楽しみです。
皆さま、これからもよろしくお願いいたします♪


Smiles: at 14:47|Permalinkclip!