2008年04月

2008年04月05日

dic

1
















(右)DICカラーデザイン蠱單勅卍垢硲庁稗鱈衫松課長と、妄想系ランチを。

特にテーマは無かったのですが、色の専門であるDICとスープ屋の我々が、互いに何か接点ないかと話し出しましたが、いやはやはたして色とスープとの関わりで次から次へと妄想が。
「フランスの伝統色」のように「Soup Stock Tokyoのスープ色」のカラーチャートがあったらいいなあから始まりましたが、面白い実験ができそうな胎動を感じた有意義なランチでした。
なにか、着地させましょう。
楽しみです。


Permalink│clip!

idea international

1
















イデア・インターナショナル橋本社長(右端)とその会社の方々が、我々のオフィスを参考に見に来社されました。

こちらの会社、Agronaturaを作ったお話しなど、ちょっと感動モノです。
デザインも秀逸です。

ところで来週、橋本さんと一緒に石垣でトライアスロンです。
私、まじヤバいっす。






Permalink│clip!

2008年04月03日

低投資・高感度

1
















新入社員の研修で、私が理念の話しをしました。

「スマイルズの5感」という5つの言葉の中に、「低投資・高感度」というものがあります。
「投資は控え、シンプルながらも、それをセンスや知恵でカバーする」という考えです。
この日は、「低投資・高感度」を体現するために、皆で万華鏡を作りました。

小さなミラーと、ビー玉、セロテープ。
夫々のコストはわずかなものですが、これに手をかけて、万華鏡にすると、ほら、こんなに素晴らしいものに生まれ変わります。

1
















1
















1
















1
















1
















1
















1
















1
















1
















皆、ワーとかキャーとか歓声上げながら、目を見開き、口をあんぐり開けて、、、ちょっと写真は控えておきましょう。






Permalink│clip!

08入社式

1

 

 

 

 

 

 

 

 


4月1日に、スマイルズに新たな21人の新人社員が入ってきてくれました。

入社式では、私は「正直な凄い時代」という話をしました。

2年前の社員総会のときに、「正直な時代」と話をしましたが、
今はまさにそうなりました。
密室政治や、一部の権力者の時代は過ぎ、食の信用不安、コンプライアンス、内部告発、インターネットでの発言など、世の中の環境は逃げ隠れできない、正直な時代となり、さらに、その正直が強みになれる時代になりました。

世の中の生活や経済システムは、生活者あってのことです。
最終的な生活者にNOを突きつけられるならば、政治も経済も活動自身が意味をなさなくなります。

生活者が主役であるということは、新入社員も含めた、私たち自身の時代であるということです。
私たちが求めるものが求められます。
私たちは世の中に提供する立場でもあります。
地球環境や道徳も含め、私たちが何を求めるのか、何を提供するのかは責任をもって行なわなければいけないし、同時に価値を提供できる大きなチャンスでもあります。

世の中を俯瞰し、21人の新入社員と共に、やるべきこと、やりたいことをやって、世の中に真っ向から対峙していきます。

 



Permalink│clip!