2011年11月

2011年11月02日

フランス

RIMG0681
フランスに戻って、Saint-Jean-de-Luzをぶらぶらと

RIMG0682


RIMG0691
市場

RIMG0713


RIMG0704


RIMG0723


RIMG0720


RIMG0777


RIMG0750


RIMG0683


RIMG0751


RIMG0730


RIMG0772


RIMG0769
ちょっとお店を覗いたりして。


RIMG0764


RIMG0784
Biarritz、ナポレオンが来た、由緒正しき高級リゾート。


RIMG0785
Chez Albertで魚介を。


RIMG0790


RIMG0799
バケットを没する前のスープドポアソン。


RIMG0803
魚介の盛り合わせ1人前!!
こりゃスゴイ。

RIMG0817
Bayonneをそぞろ歩き。
1時〜4時半までは、街は全てお休み。
人も一体どこに行ってしまうのでしょうか。
店の二階に住んでてランチして寝てるのかな。

写真終わり。。
写真をしっかり撮りためてくるのも仕事のうち、ということで、色々撮っているうちに、夜にはバッテリーが無くなって、、、という状況でございます。

夜、ボルドーに入って、Le Peti Commerceという魚屋さんがやっている店にはいったたら、ここも大正解!
お隣の素敵なカップルが、魚やカニをしゃぶりつくして、何だか気があい今度日本に来たら美味しい魚案内する!なんて感じなのだが、写真はなく。
ジュディーさんは、シャラポアみたいに健康的で素敵な方でした!








Permalink│clip!

2011年11月01日

フランス

RIMG0415
MENDI GOIKOAの朝。
絵画のようです。


RIMG0420
折角なので、トーストにプラムをのせてみました。


RIMG0423
柿が熟れて美味しい!


RIMG0428
コーヒーはテラスで。
目の前に羊たち。


RIMG0437

RIMG0440

RIMG0438

RIMG0483

RIMG0444

RIMG0472
ヒラメの炭火焼が有名なGETARIAに到着。
予約せずに行ったら、どこも一杯!
ようやく一軒うまく入れた。。


RIMG0447
こんな感じで、店の軒先で焼いています♪


RIMG0453
先ずはスープを。
ここのこのスタッフさん、忙しく走り回って汗だく。
かわいいのですが、ウチの娘にそっくりだと。。
確かに、雰囲気が。
ガンバレ♪


RIMG0454
いわゆるスープドポアソンとちがって甘みがあって旨し。


RIMG0456
さて、ヒラメがドーン!!
1.3Kg!


RIMG0459
身を取り分けてくれます。ガンバレ!


RIMG0460
こんな感じ。
皮を下によそいます。


RIMG0466
で、我々、身は身なんですが、縁側など手でゼラチンをじゅるじゅるにしゃぶって。
周りの外国人さん、ビックリで興味津々!!
桑折持参の醤油もgood♪


RIMG0469
おっと、桑折は白身を残して、もっぱら縁側&頭のゼラチン部を。
頭も解体し、指先ベロベロになりながら。


RIMG0468
すっかり跡形なし。
イヤー旨かった!最高です。
この村で、我々一番エンジョイしたと思います。


RIMG0491

RIMG0482
一路、サン・ぺ・シェール・ニヴァルという村へ。


RIMG0543
オーベルジュ・バスクに到着。
ニースの松嶋シェフの掛け声でチャリティーガラを行ったところ。


RIMG0592


RIMG0580
素晴らしいところです。


RIMG0670
庭は見渡す限り。。


RIMG0604
私の泊まる部屋。


RIMG0677
こちら。
フィガロ・ジャポン的な。。

RIMG0650

RIMG0631

RIMG0497
そして、シェフのセドリック・ペシャド氏。
星を辞退しながらも星がついてしまう男!
Soup Stock Tokyoの「スープ・ド・フランス」の企画で、彼をイメージしてバスク的なスープを作ります。


RIMG0498


RIMG0522
コースがスタート。
オープンキッチンのようなところで、ペシャド氏が正面に立って、盛り付けをします。
全体の無駄のない動きと、無口な緊張感。
我々はデシャップの目の前。言ってみればシェフズテーブル!

何だかビンにつめているなあと思ったら、いきなりそのビンがでてきてびっくり!
シトロンがきいたフォアグラのムースでございます。


RIMG0524
そして、トマトのソルベをはじめとしたトマトづくし!
いやー、参りました!
今日一番!
全てトマトだが、幾種類もの味が複雑に絡まりながら、何かドレッシングを舐めているような感覚で、これは最高です。


RIMG0527
あわあわはここのところの流行でしょう。
しかし、アッサリしてグー。


RIMG0535
魚。

RIMG0537
赤身。


RIMG0539
デザートにもトマトのソルベが。

さすが話題のシェフ、セドリック・ペシャドさま。
全体的にサラダのような、素晴らしい内容でした。
有難うございます。

RIMG0500
またしてもお腹いっぱい。
大満足。
お休みなさい。。



Permalink│clip!