2012年01月

2012年01月31日

ほほづゑ

ほほづえ_
なんと、この度、大変格式高き財界人文藝誌「ほほづゑ」に渋澤氏のご推薦により同人となることになりました。
何と申しても、この55名の同人の方々、福原義春氏の代表世話人のもと、堤清二氏、服部禮次郎氏、小林陽太郎氏、茂木友三郎氏など錚々たる顔ぶれ、平均年齢は多分70台後半。
昨年入られた伊藤博文氏のお孫さま伊藤満洲雄氏は「79歳の新人」と自己紹介されておりました。

この全くやんごとなき同人に、この度、5歳年上のサザビーズの石坂泰章氏とともに圧倒的若輩で小職も拝命を頂いた次第でして。
昨日、初めての懇親会に出席し、私が最も憧れる福原氏の隣の席でご一緒させて頂きました。感謝。

服部氏は91歳にして、全くカクシャクとされ、ユーモアたっぷりのスピーチにもう流石のため息です。
私はといえば、先日50歳の誕生日を迎えましたが、まだまだこれから30年40年あるのかと思うと、何も遅いものはない、今から留学でもするかとか、今まったくやっていないことにチャレンジ、などということも充分ありだと心を新たに致しました。

兎に角、知性と品性高き同人の中で、そこはグッとレベルは下げつつも、若いなりにできることをやって行ければと思います。
<購読ご希望の方は03-5366-8070>

下記は、昨年入会時に寄せた自己紹介文です。
ご参考まで。

   「自己紹介」

兎に角、四十九歳という若齢であります。

年齢だけではありますまい。同人の皆様の御尊名を拝見し、自らの厚顔を全く恥じております。

大いに至らぬ多々点は、この際、ご推薦頂いた澁澤さんにその責任の一切をお取り頂くことと致します。

私は昭和三十七年、青山で生まれ、慶応義塾に十七年間お世話になり三菱商事に入社。商事初の社内ベンチャーとして螢好泪ぅ襯困鮴瀘。五十余店舗のスープのチェーン店Soup Stock Tokyoを創って経営。後の二〇〇八年にMBOし、株主かつ代表の立場で、スープに加えてネクタイ専門のgiraffe、新しいリサイクルショップPASS THE BATONを丸の内と表参道ヒルズで行うなどをし、仕事を大いに楽しんでおります。

さて、何故私に同人のお声をかけて頂いたかを、自分なりに分析してみます。

一、同人への若者の導入。この一点に於いては、資格あるものと存じます。弊社の平均年齢は二十九歳。私一人で年齢を上げておりましたが、下げる役割もあったと嬉しく思っております。

一、祖父は遠山元一、亡父直道の次男である。生前父が大変お世話になった方々が同人に多数おられ、何かのご縁、ということが潜在的にあるのでは、と。

一、「味の手帖」への執筆。かれこれ十五年前から現在も毎月駄文を寄せております。当初より「ほほづゑ」はそこで存じ上げており、住吉様の挿画と共に崇高な存在としてかねてより憧れておりました。

一、三菱商事のサラリーマン時代に、青山やNYなどで絵の個展を開催したことにより、絵心があると周りからは見られている点。アーティストとは、自らがアーティストと宣言した段階でアーティストになりうることを知りました。

などが自己分析によるところでありますが、さて、これからの最末席同人としての心構えを。

そもそも、「財界」という実像や、それを引き継げるような大人物がこれからの時代に在り得るかと言えば、それはもはや無理と白旗を揚げたほうが良いでしょう。「財界人文芸誌」とは目も眩むばかりの彼我の差ですが、ここは、文芸を「カルチャー」と勝手に読み替えて、少しずつ入り口を広げ柔軟剤を投入しようと企みます。

私は、会社やSoup Stock Tokyoなどのブランドを、私自身だと思い、そう言っています。売上高や商品価格等だけで価値が測れるものではなく、インターネットやツイッターでのダダ漏れの時代に、経営者や従業員の発言や、何に興味をもち、何をする人たちなのか、スマイルズとはどんなチャーミングな人物なのか、が重要であり、意義や美意識が価値になると思っています。

私は、仕事も絵を描くのも子供の父親であることも根っこは同じ、「公私同根」なんて言っています。

そして、天邪鬼であります。

ゆえに、仕事の場面ではカルチャーを、文芸誌ではむしろ仕事をベースに語る、かもしれません。

小学校の時に事故で父を亡くしましたが、私は当時の父の年齢を越し、娘は当時の私の歳を越しました。先般、そんなことから、次の世代にバトンを繋ぐ、という旨のコラムを書きましたので、一部を抜粋します。

「今度は我々が何を作り、提供し、つなげていくのだろう。六十年代とは時代は違う。ビートルズはいないし、カラーテレビは溢れかえった。それでも、今の時代だからできることがあるだろう。何かを生み出し、次に渡していく。

そんな立派なバトンを手にしていると思うと、むしろ背筋が伸びて、なんだか勇気が湧いてくる。ビートルズでなくともよい。小さなことでもよい。

自分が既に当事者になったことを知れば、バトンを手にしているのは自分なんだと知れば、あとは前を向いて走って、走って、走って、ちゃんと思い切り走って、そしてバトンを渡せば、きっとそれでいいのである。」

どの世代の人も、実は未だに、或いは既に、皆リレーの当事者で、だから夫々思い切り前を向いて走ればいいのだと気が付いたとき、何か気が晴れました。

末席なりに、走ろうと思います。





Permalink│clip!

2012年01月25日

誕生日ありがとうございます!

b1_
本日50歳の誕生日となりました!
facebookなどでなんと300名以上の方々からお祝いの言葉を頂き、イイネ!入れるともう大変な方々で、本当に有難うございます!!
もうビックリです。
この場で皆さまに御礼申し上げさせて頂きます。
本当にありがとうございます!!!

b5
これは、先日、会社の朝礼でサプライズで皆が祝ってくれました!
チョコレートや50のフルーツは鈴木善雄君。

b2_
b3_
なんと60を前にピンクのちゃんちゃんこベスト!
リボンにはみんなのメッセージがプリント!
私のお気に入りのLOLOのジャケットのインナーとして装着できるのです。
デザインはgiraffe中村裕子!

RIMG0498
めっちゃカワイイ!!

b4_
会社では人事部×クリエイティヴ×giraffeが中心で企画・製作。
映像には、三好や森住など報道スタイルで登場し、爆笑です!
皆さん週末返上で製作。。。ありがとうございます!

お誕生日メッセージ
PASS THE BATONのメンバー♪

そしてこれが、すごい。
2012年の新卒内定者からのbook!
RIMG0499
RIMG0510
RIMG0511
RIMG0512
RIMG0513
RIMG0514
RIMG0515
RIMG0516
RIMG0517
RIMG0518
RIMG0519
RIMG0520
RIMG0521
RIMG0522
RIMG0523
RIMG0524
RIMG0525
RIMG0526
RIMG0527
RIMG0528
RIMG0529
RIMG0531
似てる〜〜!!
13名の内定者が2ヶ月前から考えて製作。
全員が執筆。
すごい、、、みんなウマイ!!

いやー、本当に皆さまありがとうございます(涙)

スマイルズを始める前、人生のカーブを書いてみたら、47歳がピークであとは穏やかに下がっていく線でした。
たまたま親父が47歳で他界していて、そんなことも影響してたかもしれません。
でも、実際に47歳を越し、50歳になってみると、むしろ「ここから感」おおいにあります。

むしろ、ようやくゲームに参加する準備と資格ができた感じ。
しかし、私自身、何ができるのかというと、ほんとうのところ、何もなくて。
マネジメントや現場や経験や知識など、本当に皆の力でして。
あえて、私にある何か具体的な事柄と言えば、思い当たるのは「良い仲間たちや人のネットワーク」ってところです。
そうなんです。
そうやって、いい人が集まって、面白いことができて、面白がっていただける。
まさに、それが財産です。

今日、まさに皆さんがこうやって気にかけて下さって、有り難い限りです。
今後も、益々、そのネットワークをお互いの掛け算にしていって、またまた面白い、ワクワク・ウキウキを皆で創っていきたいと思います。

皆さま、これからもよろしくお願いいたします!!(ペコリ)


Permalink│clip!

2012年01月18日

Mazer

スライド1
いやー、すごい。
Mazer(マザー)とは、経済産業省「クール・ジャパン戦略事業」の一環でできたアイディアを募る仕組み。
私はそのクリエイティヴディレクターとして、今回『「海外展開したら良いと思う食のアイディア」を教えてください。』というお題を出しましたが、最初の「ひらめき」というのが2日間で1069きました。
これに私が言葉をカケて、さらに本日12時からアイディアを募ります。
どんなことになるか楽しみです♪
皆さんも是非!
コチラから♪

Permalink│clip!

2012年01月04日

1月4日スマイルズ新年社内挨拶

新年

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

さて、昨年は、会社の業績でいうと、震災による先が読めない深刻な状況から、最終的には一転して過去最高の結果を残すことになりました。

12月は、スープもバトンもジラフも全て予実、昨対ともに大幅に更新し、素晴らしい内容です。世の中はなかなかいい話は聞かれない中で、本当に素晴らしいです。

年末も正月も皆さん返上で本当にごくろうさまです。

我家は元旦に実家に親戚が集合しますが、私の親戚の甥っ子は名古屋の空港で仕事に励んでいて不在でありました(笑)

昨日、駅伝をみましたが、何だか仕事と似ていると思いました。

駅伝も、最終的に何が目的で何が結果かというと、12位という順位と、10時間5136秒という記録です。どちらも言ってみれば単なる数字です。

勿論、やっている人も見ている側も、単なる数字の為とは思っていないのですが、やはり数字というものが、汗も努力も技術も歴史も組織も規模も動機付けやマネジメントや誰かとの約束とか、そんなことも全てひっくるめて、この順位とタイムという2つの数字に収束されていくわけです。

ですから、現在のスマイルズの状況は大いに胸を張っていい。

そしてこのまま3月末まで、気を抜かず、大いに東洋大柏原しちゃってほしいと思います!

年明けに村尾さんという人の本を読みました。

そこに書いてあったことを少しご紹介します。

会社には先ずミッションが重要。それは精神的なもの。

その基に3つの力が必要、とありました。

1つ目の力は、「売り物をつくる力」。

ブランドのコンセプトや商品企画、商品開発力のことです。

2つ目の力は、「売り物を売る力」。

まさに営業そのものであり、また店舗や広報など伝えたりコミュニケーションする力のこと。

3つ目の力は、「管理する力」。

 人材や経理、物流、総務などの領域、あるいは全てをマネジメントする力などです。

この3つの力は、言われるまでもない、当たり前のような気がしますが、しかし、昨年の我々のやってきたことを思うと、Soup Stock Tokyo事業は特に、まさにこの3つの力がバランスよく機能出来たんだなと思います。

3.11の後などは、特に3つ目の「管理する力」が効いた。

或いは99年に1号店が出来てから今年で13年目に入るわけですが、売り物を作る力や売る力というのは、かつてもそれなりにあったけれども、リーマンショックや3.11を経て、特に商品部や営業部そのものに管理する力がついてきて、利益がでる体質になったんだと思います。

私の一番不得意な分野ですが、それが組織の力というものです(笑)

Soup Stock Tokyo8年経ってようやく出来たことを、今度はPASS THE BATONgiraffeがもっとこの管理する力をつけることで力がついてくるような気がします。

まあ、普通の会社は最初からこの管理する力が強すぎて、何も始まらないし、大変窮屈で歪んだモノになってしまう、という負の力が目に浮かぶ訳ですが。。

さて、今スマイルズは設立以来、精神的にも身体的にも過去で一番充実しているときです。

本当に皆さんのお陰と感謝しています。

そして、だから「生活価値の拡充」を旗印に、これを機にどんどんとやっていきたい。

世の中も今が底。これからは色々な意味でよくなっていくでしょう。

皆さんには、まだ充分伝えられていませんが、今年、スープ、バトン、ジラフに次ぐ4つ目のブランド「my panda」も登場します。

これは、giraffeの中村裕子さんが、子供の頃からファッションをやりたいと言う夢と、裕子さんと私でこんなのあったらいいね、と話していた妄想が、ある外部的なコンペティションを機に突発的に応募して、審査をうけて数あるプランの中から選ばれた、という経緯の新しいファッションブランドです。

さっきの力の話でいうと、まだ商品もないのに、2つ目の「売る力」のコミュニケーション力で奪い取ったといえるかもしれませんね。

だからチャンスはどこにもころがっています。

そこらに転がっているものを、ただの日常として見過ごすか、チャンスとして見つけ拾いあげるか。

そういうことは、その見る人の経験や能力、センス、自信などによってくると思いますが、会社自身に経験や自信がついてきた。だからスマイルズという会社と個人の経験や能力、アイディア、センスなどを融合させて、そして先ほどの3つの力を組み上げていけばよいわけです。

本当に楽しみな2012年です。

最後に私事になりますが、今から4年前の2008年6月にある占い師の人に見てもらったところ、私は40歳代より50代になったときにスゴイ。細かく言うと50、52、55、57歳。60代は苦労もあるが、70歳代も更によい。絶対にそうなる。

かつてのホンダのように新しいこととか発明などもよいと(笑)

私は今月1月25日で50歳になります。

会社の在り方自身が発明みたいになるといいですね。

今年も皆さん、ユニークに、楽しく、真面目だけど大胆に、大いにチャレンジして行きましょう!正月だから、夫々腹に何か企むにはいい機会だと思います。

今年もよろしくお願いいたします!



Permalink│clip!

2012年01月01日

東京デリカさんのお節

RIMG0425
いつもSoup Stock Tokyoで野菜でお付合いさせて頂いている東京デリカフーズさんからお節を頂きました。
これが凄い。
野菜のお節で、肉はせいぜい魚のすり身。
化学調味料や添加物などを使わずに、そして、なんと社員さんが3日かけて全て手作り!

RIMG0432
22種類!
開発の方だけでなく、営業の人も一緒になって手作り。

RIMG0428
家内の実家で披露しましたが、大評判!
いちいち優しくて美味しい!
解説を見ながらどれがこれだと喧々諤々。

RIMG0429
野菜だけなのに淡白にならず、しっかりとしていて。
でも、元々保存食としてのお節だから、味が濃いものが多い中で、持ちはしないが、素朴でいやなものが全く無い。
最後は緑色の若い桃の果実のシロップ煮でしめて。
皆さんの手間と愛情が伝わってきます。
有難うございます!
今年もよろしくお願いいたします!



Permalink│clip!

明けましておめでとうございます(お節)

RIMG0433
あけましておめでとうございます。
昨年はいろいろあった年でしたが、今年はますます頑張りますよ♪

RIMG0452
もうかれこれ50年近く、私が生まれる前からきっと食べている辻留さんのお節。
かつては辻さんが、今は娘さんが実家に届けてくださいます。
ありがたいことです。

RIMG0463
変わらぬ佇まいと、変わらぬ味。
このお節で百合根やカラスミを知りました。
そういえば最近あまーい金柑が入っていないなあ。

RIMG0442
親戚子供向け?
娘と盛ってみました。
名付けて「お節はパンパンに入れなくてはいけないと誰が決めたんだ、縦盛りで蓋が閉まらないお重」

RIMG0461
このお雑煮もかれこれ50年近く(今月50歳になりますもので)食べています。
いつ食べても飽きない、DNA味。
私の汁好き、スープ好きはこれが発祥かもしれません。

RIMG0464
我家の黒豆にはごぼうとこんにゃくが。
これは母の実家のレサピ。

毎年訪れ、小さな家族も増えていくこの元旦。
ありがたいことです。

Permalink│clip!