2011年12月05日

白菜!

白菜
河口湖社員別荘zingで採れた大きな白菜が、
「家でたべるSoup Stock Tokyo 二子玉川店」でメニューとなって
お客さまに召し上がっていただきました!

以下、松本ストアマネージャーからの報告を。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
めでたく、無事に、家で食べるSST二子玉川店でとうとうお客様の元へ届きました。
3種類のメニューにし、お客様に提供させていただきましたー!
 
■メニューeat-in『冬野菜のホワイトチャウダー』
→小麦粉まぶした鶏もも肉を焼き、たっぷりの白菜としめじを一緒に炒め、
 「家でつくる・チャウダーベース」を合わせました。最後にストーブしたさつま芋を添えて。
 
■メニュー温野菜『スマイルズ自社農場で育った白菜』
→シンプルにストーブで蒸す!だけ。白菜の甘みがぎゅーっとつまっていて、この甘みったら、尋常じゃない。

白菜 
■メニューeat-inメニューの箸休め『白菜のザワークラウト』(PA発案!)
→白菜をいいサイズにカットし、塩を若干なじませ、お酢と砂糖で一晩漬けました。
 白菜の甘みが消えないように、お酢と砂糖は控えめに。 
 
以上3品です。
 
eat-inコーナーでお食事前のお客様の元へ行き、白菜のご紹介をし、
食後にお客様から感想いただきました。
 
「おおぶりの白菜なのに、味は繊細で甘くて美味しいわー。」とか、
「白菜って、なかなかちゃんと味わって食べたことなかったけど、ちゃんと甘みつまってるんだね。」とか、
「この会社、とうとう畑まで作っちゃったんだね。笑」とか
「この漬け方、教えてください!」とか、
「白菜の漬け物って売ってないんですか?」とか、
「今はその畑でどんなお野菜育ててるんですかー?」とか。
 
などなど。
お客様方の反応良すぎで、会話にだいぶ花咲きました。
 
こんな風にスマイルズで育てた野菜達が、店に届き、お客様に食べてもらって、こうやって会話できるって、
考えてみると、実はすごいことだなって思い、もっともっと届けたいって、やっぱり思いました。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

いやー
本当に嬉しいです!

それから、先般ロックフィールド岩田社長のご自宅にお送りしたところ、
会社で抱えている写真をお送り頂きました。
重いからご自宅にお送りしたのだが、と言うと、
「あまりに立派なので、会社に持っていって皆に見せて、
 半分を会社のみんなで、半分をまた持って帰って家で食べた」
との事。
嬉しいです!!
有難うございます!!


Smiles: at 17:22│clip!zing