2013年01月02日

新年:10枚のラブレター

RIMG0036

2013年 あけましておめでとうございます。

今年は何といっても安倍政権でスタートしましたね。

金融緩和、財政緩和でデフレと円高を克服し経済再生を最優先する、と。

強い経済、自信の回復は大いに進めたいところです。

しかし、金利は充分安いし、デフレで世の中の腰が引けているのはビジネスがやりやすいとも思うし、外貨でみると輸出より輸入が上回っている現在円安自身が決め手になるのか、そしてまた公共投資か、という気分もあります。

では、マクロ経済のなかで、我々はどうするか。

自民党のHPを眺めていたら、経済再生の冒頭に下記を目指すとありました。

「世界で一番企業が活動しやすい国」、「個人の可能性が最大限発揮され、雇用と所得が拡大する国」と。

これなら、私たちも加担できる気がします。

高度成長期は、がむしゃらに働けば、拡大という気運のなか国も企業も家族も個人もハッピーでした。

現在の世の中は、拡大もいいが、拡充からだと思います。

企業の売上高や個人の所得も、単なる拡大ではなく、質の在り方、チャンスややりがい、ユニークネス、個人の生きることと働くことの意味などを実際に拡げていくことだと思います。

「生活価値の拡充」が私たちの企業理念です。

世の中の生活価値を高めることと同時に、自分たちの生活価値も拡げて充たしていきたい。

社員一人ひとりにチャンスがあり、小さくとも夢や企てを実現していくことで質が充実していく。

スマイルズがやりたくて、やるべきで、やれること。

一人ひとりがやりたくて、やるべきで、やれること。

何を始めるにも、最初は小さな一歩です。

私は、この年頭に、スマイルズの10人の社員にラブレターを書きました。

一人ひとりが、自分の思いや行動力で、自分で自分の人生を切り開いていく。

その企てのきっかけにでもなれば、と思います。

国は金融緩和を、私たちは私たちの小さな具体的一歩から。

2013年元旦
スマイルズ代表取締役社長 遠山正道





Smiles: at 16:21│clip!