2008年01月30日

soup friends 6-7

01291

soup friends 6(右) DEAN&DELUCACIBONE代表横川君
soup friends 7(左) CIBONE矢野さん、ギンザストックにて。

このお二人、スープフレンズとして彗星の如しのデビューです。
だって、今日二人が待ち合わせたのは、なんとたまたま四谷のSoup Stock Tokyo(SST)だって!
早くもスープフレンズ大賞の進呈です♪

横川君は、D&DやDesign Tideなどで、互いに色々とお付き合いしています。
「当時99年SST第一号のヴィーナスフォート店にきて、こんな素敵な店、どこの国から来たのかと思ったら、ウソー!日本の?!だと知って、衝撃的だった。
あれから9年、あのときの衝撃は今も忘れない。あの時はボルシチを食べた。今のD&Dを創りたいな、という想いの基になっている。
ヴィーナスフォートのカップ型の照明は、青山のDEAN&DELUCAの照明にも表れている。

スープは、個人的にはオニオングラタンスープとトルティーヤスープが大好き。
チーズがとろけて、フォークにからまっちゃうくらいのが好き。
D&Dでスープを最初にやったときうまく行かなくて、遠山さんに相談したりしたが、SSTにはかなわない。今度はチーズたっぷりのトルティーヤスープを店で作りたい。」
本当に有難いです。

(左)矢野さん
F.O.B COOPやカッシーナ、フランフランなど経て、CIBONEでテーブルウエアなどのバイイングをされています。
テーブルウエアの第一人者。

「SSTも勿論いくけど、スープの思い出と言えば、やはり子供の時分風邪になると母親が作ってくれた鶏がらに丸ごとの玉葱とジャガイモを入れた「あの鶏がらのスープ」が一番。」

「あの鶏がらのスープ」
歴史を担いだ”あの、、、、”がそそられます。

 



Smiles: at 02:43│clip!soup friends