2008年02月16日

soup friends 14-20

1






















Revelationsにて、やぶのけんせい氏の展覧会。
それを撮っているフォトグラファーの梅川良満氏。
けんせい君はBECKのアルバムやパリのcoletteでの展示など活躍のアーティスト。
梅川君もDAFT PUNKやミッシー エリオットのジャケットやSWICHやTOKIONの表紙などやっている人。


1
















一見シルクスクリーンですが、、、手描き。


1
















右から
soup friends 14 畠山美咲さん
先日この人の家でのそば打ちパーティーをご紹介しました。
私が最近はまっているノーパン睡眠を伝授してくれた人。
編集者で、夜想(幻想文学)、CONPOSIT(ファッション)など経てニキータという変貌ぶりはすごいです。
SSTは大崎店をご利用。
「スープはよく作ります。
海外ではユーロ高いけど野菜が安いから、かぶや人参とかでポトフを沢山作って、その後トマトスープにして、最後はカレーにします。
生姜をたっぷりいれて、それから味を作っていくスープも好き。」
土曜日に、冷凍ギョウザ100個のパーティーを家でやるそうです。ブラックですね。

soup friends 15 城戸久瑠実さん
NZKMG(ナンズカ アンダーグラウンド)のスタッフ。
ナンズカは東京の最もディープなギャラリー。アレキサンダーゲルマンや黒田潔君などやっています。
アンダーグラウンドの名の通り、渋谷東口にあるも、初めて行くと辿り着けないようなところ。となりに宇川直宏氏のクラブ?があったけど、今はないのかな。
「学生時代(上智)に四谷のお店に行きました。
クラムチャウダーなど、定番が好きです」

soup friends 16 梅川良満さん
「スープといえば、幼少のころからテールスープでございます(ウソ)
スープといえば、トムカーガイ。臭いがきついからクセになる(ホント)」

soup friends 17 寺井麻美さん
グラフィックデザイナー。
「SSTには行ったことないけど、いつも行きたいと思っています(アリガトウゴザイマス)
家では、「あのお豆のスープ」と呼ばれる大豆とトマトとベーコンのスープがすき。
お兄さんも好きだけど、お父さんはあんまり反対派です」

soup friends 18 けんせいさん
「SSTには行ったことありません。
ロンドンに住んでいたとき、モロッコのタジンとか、、、スープじゃないか。
ちゃんと愛のある食べ物がすき。
初台のラーメン屋一福のミソラーメンのスープはとても良い。
ちゃんと作っていてうまい。
スープ全部飲むと、そこのお店のおかあさんが、全部召し上がってくれて有難うごあいます。と言ってくれます。
愛があります。」

soup friends 19  たかしさん(PR会社代表)
soup friends 20 花城木綿子(レコード会社勤務)
カップルのお二人。
「大根おろしを本当にたっぷり入れた「あのどろどろほんとたっぷりいれるやつ」のスープを作ります!」
ハニカム時代の私のブログでヘアスタイル報告など見て、ハニカムらしくない存在で好きだった、とのこと。ありがとうございます♪

1
















その後、渋谷の居酒屋へ。
梅川氏によるショット。貴重かな。

右端は女将さん。
このお店は、私が一人で飛び込んだ最近のヒット。
また改めてご紹介を。




Smiles: at 11:02│clip!soup friends